あめつちに独り生きたる
ゆたかなる心となりて
挙ぐるさかずき 牧水
酔うてこおろぎと
寝ていたよ 山頭火
波間のサザエと磯遊び
(春) 谿畔

幾山河越えさり行かば
寂しさの終てなむ国ぞ
今日も旅ゆく 牧水
青蛙おのれもペンキ
塗りたてか芥川龍之介 
南瓜しくりと割る
冬至は
いい夜長もいい
(秋)谿畔
かんがえて
飲みはじめたる
一合の二合の酒の
夏のゆふぐれ 牧水
飛び跳ねたいが行儀よく
殿様だから(秋) 谿畔
如月の 海の稔の 
飯蛸(春) 谿畔

やわらかな空 今日は
蕨狩り(春)谿畔
啓蟄と 知っているのか
団子虫 (春) 谿畔
ハサミを振りかざしても
何故か微笑ましい(夏)
谿畔
石蕗(つわ)が咲き 
ますます深い海
(冬)谿畔
破顔の大根引き
(冬)谿畔

うまく行くかは 走って
みなきゃわからない(秋)
谿畔
海鼠を見ずに食うか
見てから喰うか
(冬)谿畔
友と釣り競う 
テナガエビ
(夏) 谿畔

幼い頃 時を一緒に
過ごした追川(夏) 谿畔
ひとときの 涼しさか
金魚の売り声(夏)谿畔
秋の聲 鈴の蟲(秋)
谿畔

犬との散歩で 
会う土筆
(春) 谿畔

コートなしで見る 
葱の
擬寶(春)谿畔
時がゆっくり 
行こうじゃない
かと言ってるようだ
(春)谿畔
流れの中の 
ハンザキに
心奪われる(夏)谿畔
やはり妥協も必要か
孤高のものよ(冬)谿畔
邪気を祓え 羽子板市
(冬) 谿畔

泣く子はいねが 恐くも
あり楽しくもあり(新年)
谿畔
冷たい水から 春の
便りの桜蝦(春)谿畔
風を待つ 日だまりの
蒲公英(春)谿畔
わが思いも 一緒に
のせて望潮
〔シオマネキ〕(春)谿畔
玄鳥〔つばくらめ〕
挨拶がわりに低く飛ぶ
(夏) 谿畔
水無月の渡り蟹(夏)
谿畔

参拝も 主が留守の
神無月(冬)谿畔
将軍を 幾度か耳にし
寒明ける(春) 谿畔
パステル色で 出掛けて
見たが彼岸西風(春)谿畔
一服し 遠くで聞こえる
茶摘唄(春)谿畔
時までも あたらしい
東雲の朝(新年) 谿畔
寒の 次に備えて
はや剪定(春)谿畔
跳ねるしぶきが 
頬ぬらす
ヒヤッと初筏(春)谿畔
塗畦に残る 
鳥の足跡
(春) 谿畔
ずらりと並ぶ 買初は
これ運だめし(新年)谿畔
ページをめくる 指先が
逆らう寒土用(冬) 谿畔
白く 上書きしたよう
冴返り(春) 谿畔
靴おろす ぎこちなく
植木市(春)谿畔
誰が住む 馳せる思いの
 二つ星(秋) 谿畔
暑さ過ぎ 雷声収め
葉も落ちる(秋) 谿畔
稲穂揺れ 風の足跡
深き秋(秋)谿畔
切なさを 秘め枝先に
帰り花(冬)谿畔
舶来も 肌にはりつく
油照り(夏)谿畔
口ゆすぎ 冷やかなり
水道水(秋)谿畔
うそ寒や やわらかな陽に
毛布干す(秋)谿畔
びんつけ油 香り漂う
九州場所(冬)谿畔
除雪跡 覗く地肌に
白吐息(冬)谿畔
立て掛けて 静か玄関
鬼打木(新年)谿畔
解禁を 待つ手かざして
余寒の火(春)谿畔
春分の 文字を眺めつ
草の餅(春・季重)谿畔

絵手紙とは一味違う本物の書風をお愉しみください。実際にお使いになる
のもよし、飾るのもよし、また近代詩文の手本としてもどうぞ。

こちらの作品は絵葉書してでも販売しています、各1枚120円(10枚からの販売です)。いかがですか
また、こちらの絵葉書は全国トップクラスの美肌”美人の湯”串間温泉【いこいの里】にても販売しております。

土持谿畔・近代詩文作品の無断転写・転載を堅く禁じます。

近代詩文 司工房

inserted by FC2 system