黒潮と対馬海流を
よく利用します(夏)谿畔
ふるさとはよし
川面の月と
鮎の香と(夏) 谿畔
晴れたり曇ったり
酔うたり覚めたり
秋は行く 山頭火
山あれば山を観る
雨の日は雨を聴く
山頭火
皮を剥ぐ灰汁をぬく
やっと筍飯(春)谿畔
打ち水が乾く前にくる
金魚売(夏)谿畔 
自分のまわりの事物が
バラバラになりかけたら
釣りに行きなさい 谿畔
ただ二日我慢してゐし
この酒のこのうまさはと
胸暗うなる 牧水
釣れないのは場所でも
時間帯でもエサ道具でも
ないとなると何のせいに
しようか。(夏) 谿畔
ハラハラさせるゼロ戦が
いる草若い河川敷の
ラジコン飛行隊(春)谿畔

よい事は 空から舞い
降りてくる蜘蛛の
糸のように(夏)谿畔

後ろの左舷ばかりが
なぜ釣れる船長 
取舵イッパイ(夏) 谿畔

本当はヤドカリなんだと
鱈場蟹(冬)谿畔
まっていました 目の下
三寸桜鯛(春) 谿畔
人間もピリリと辛いのが
いい山椒のように(春)
谿畔 
わが家の植木に 
卵を産む気か
アゲハチョウ(春) 谿畔
いざっ 大海原へ(夏)
谿畔

忘れたい事は 選べるの
だろうか(夏) 谿畔
清冽な 水で出合う 
縞泥鰌(夏)谿畔
なかなかの 趣がある
宗田鰹(秋)谿畔
田螺が歩く 
轍がのびると
水がぬるむ(春) 谿畔
蜃気楼の 
下にきときとの
蛍烏賊(春) 谿畔
ちょっとした 
宝さがしさ
汐干狩り(春) 谿畔
庭の住人 トカゲの
日光浴(夏)谿畔
虹鱒を釣る 
堀の湧水の
冷たさ(夏) 谿畔
暗闇に はばたく 
蝙蝠(夏) 谿畔

空には 鰯雲の
松茸狩り
(秋)谿畔
溪流も 
冷たさを増す
木の葉山女魚(
秋)谿畔
掛かって来いと
凧合戦(春)
谿畔

そっとそっと 
ふわりふわりと
紙風船(春) 谿畔


人影も 
途絶えて静かな
竹落葉(夏) 谿畔
窓越しの 
雨を見つめる
鴎外忌(夏) 谿畔
ネルのシャツとすれ違う
連休初日の帰り道(夏)
谿畔
結び草 見て思い出す
草いきれ(夏) 谿畔
お気に入りの 
靴もおあずけ
送り梅雨(夏) 谿畔
蚊よけの煙が 
たちのぼる
熱帯夜(夏) 谿畔
夏めくや 上着脱ぐ日も
多くなり(夏) 谿畔
蛇衣を見つけ 
回り道を選ぶ(夏)谿畔
重い空 肌にあたる
黄雀風(夏)谿畔
出掛けに 
麦藁帽子を
選んでしまう残暑かな
(秋)谿畔
燈油缶 仕舞う蛙の
目借り時(春)谿畔
サイクリング 
はじめて気付く
踊子草(夏) 谿畔
鰊去り 三三五五と
漁夫帰る(夏)谿畔
脱兎の如く 
タープの影へ
海の日哉(夏) 谿畔
淑気満ち 根雪も 
新雪のよう(新年) 谿畔
春近し キラメキやさし
水面哉(冬)谿畔
たなごころ 
息を吐きかけ
えりを挿す(春) 谿畔
魚釣り初電
(はついなびか
り)刻を知る(春)谿畔
いつも見た 今年の
花は 一人見る(春)
谿畔
木漏れ日の 筍ながし
さわさわと(夏) 谿畔

蛍狩り 足元ぬらし
家路哉(夏) 谿畔

片陰に 寄り添うように
滑り込む(夏) 谿畔


休暇明け 肌濃きほどの
笑みの時(秋) 谿畔

火恋しと 覗く爪先
庭を掃く(秋) 谿畔

末枯れて 降ろす寂鈴
キリギリス(秋) 谿畔


ああ この竿も このリールも
高かったんだとなんとか
水の中に
伝えるてだてはないものか
(冬)谿畔 
イトウよ 次は何を食らうか
孤高の魚よ谿畔 

尺山女魚は釣り人のあこがれ
きみもものさしで正確に測れ
おれも掌でピシッと測る(夏)
谿畔 

絵手紙とは一味違う本物の書風をお愉しみください。実際にお使いになる
のもよし、飾るのもよし、また近代詩文の手本としてもどうぞ。
こちらの作品は絵葉書としてでも販売しています、各1枚120円(10枚からの販売です)。いかがですか
また、こちらの絵葉書は全国トップクラスの美肌”美人の湯”串間温泉【いこいの里】にても販売しております。

土持谿畔・近代詩文作品の無断転写・転載を堅く禁じます。

近代詩文 司工房

inserted by FC2 system